女性のひげ脱毛は皮膚科が一番

女性のひげ脱毛は皮膚科が一番

女性のひげを脱毛するには皮膚科が一番なのです。
剃るなら自己処理か美容院で・・・となりますが、脱毛となると話は違ってきます。

 

いくら女性で自分のひげは自分が一番わかるとはいえ、ひげの脱毛をする決断をした場合は皮膚科に行ってカウンセリングを受けましょう。

 

もちろん皮膚科といっても、脱毛専用の医療脱毛をしている皮膚科の料金体系が一番クリア、器具も揃っていて、施術前後ですべきこと、薬などもくれると思います。
皮膚科だからもちろん医師免許を持った人が開業していますので、処方箋を出してくれる場合もあるでしょう。

 

敏感肌だから、アトピーだからという女性も皮膚科なら安心してひげ脱毛をまかせられるのではないでしょうか?
皮膚科で行う医療レーザー脱毛は永久脱毛です。いったんひげ脱毛が終了したら、その後はひげのわずらわしさから永久に解放されます。

 

それが一番のメリットです。毎朝のひげ剃りにかかる時間が短縮され、肌への負担も少なくなります。ひげの永久脱毛は敏感肌の方に特にお勧めです。
医療レーザー脱毛にかかる時間はひげ全体で20分程度です。1ヶ月に1度のひげ脱毛を5回程度受けるとだいたいほぼなくなるそうです。

 

一番のデメリットはコストです。

 

昔ほどは高くないですが、保険適用外ですから、エステサロンのように一度払って何度でも永久に通っても良いというよりは、何回でいくらというのが多いみたいです。
「出来るなら顔の脱毛は皮膚科のレーザーでしたい・・・でも、本当に産毛にも効果あるの?皮膚科によって効果の違いは?」と敏感になっている人もいると思います。

 

当然ながら、顔の脱毛のリスクは大きく、また生えているひげを100%取り除けるかどうかは、医療脱毛の医師の腕にかかっています。
ですから、ちゃんと名の通った、価格も激安なんて探さないで、カウンセリングをいくつか受けて、自分で納得いくクリニックを選ぶのがいいと思います。
でも、失敗の可能性はゼロではないそうです。

 

なぜなら、人にはホクロや自分では気付いていない小さなシミがありますよね。そこにレーザーが反応してしまうと、火傷のようになったり、ケロイド状になったり人もいるそうですよ。

 

頻繁にトラブルが起こっているようであれば、メディアでも取り上げられていますので、何もないところはあまり過敏にならなくてもいいと思います。気をつけるところは、レーザー照射後に赤くはれた、かゆみが出たという意見がたくさんあるそうなので、それに対して薬をちゃんと出してもらえるのか確認してください。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?