女性のひげは治る?

女性のひげは治る?

女性のひげは病気ではありませんので、治るかどうかはわかりませんが、濃くなったひげを薄いひげにすること、永久脱毛することはできるようです。

 

それで治るというのであれば、女性のひげは治るということになります。でも、ひげが治る=肌が綺麗になるではありません。

 

女性のひげを治すには2つ考えられます。
1つ目は薄くして目立たなくする。2つ目は毛根を破壊して永久脱毛する。と、この二つです。

 

上記二つが女性のひげが治るという意味であれば・・・ですが。

 

まず永久脱毛するほどひどいひげの女性はとっくに医療脱毛かエステサロンに通っていると思います。

 

そうでなければ、多毛症のように男性並みにひげが生えていたら、剃っても青く残るか、ぶつぶつと黒い点が見えるようになるからです。
したがって、薄くする方法をこちらではご紹介したいと思います。

 

薄くするには、過度のストレスで崩れたホルモンバランスを元に戻す必要があります。
つまり、ストレス発散です。自分では大丈夫と思っていても、身体がひげを生やしてホルモンバランスを崩していることを警告しています。
素直にのんびりさせてあげた方がいいと思います。

 

そうでなければ、もっとひどい疾患となって現れる場合だってあります。好きなことに没頭する、運動をする、アロマ芳香でヨガをする。色々ありますので試してみてくださいね。

 

食事は三食食べて、なるべく大豆製品に含まれるイソフラボンやエクオールなどを摂取するよう心掛けてください。そうすれば、女性ホルモンと同じ作用が体内で働き、男性ホルモンとのバランスを取り戻してくれてひげが治る(薄くなる)かもしれません。

 

睡眠はお肌にも良いですよね。好きな香りにつつまれて眠るのも良いかもしれませんよ。
禁煙・禁酒は当然です。アルコールは睡眠を浅くしてしまいますし、タバコはストレス解消にと思っているかもしれませんが、身体には悪いことしかありません。

 

これで朝起きてから夜寝る間までの改善要素を書いてみました。

 

最後に朝晩のスキンケアに抑毛効果のあるクリームやローションを取り入れることで、生えてくるひげが細く弱くなり、遅くなったりするそうです。

 

これらの化粧品には薬剤等は入っておらず、単純に女性ホルモンと同等作用の成分を加えているため、女性ホルモンを直接肌に塗りこむと思ってください。

 

朝晩のスキンケアで取り入れることで、ひげを剃る回数も段々減っていけば、濃くなる心配もなくなりますし、何よりお肌がつるつるになります。やはり一番は日々の生活でどれだけからだが嬉しいことをしてあげるかによるのではないでしょうか?

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?