顔産毛の意味を知ろう!

顔産毛の意味を知ろう!

最近女性の間で顔の産毛に悩む人が多いと聞きます。
毎日会社に行く女性で半数以上は顔の産毛を処理しているそうですが、あなたはどうしていますか?
顔の産毛はあまり意味がないような感じがしますよね。
お化粧のノリも悪くなるし、しかも、濃くなってきたら、お化粧しても隠せない、あまりにも口周りにひげが生えていると人に失礼など。
礼儀として会う人へのマナーで処理している人もいると思いますが、あまり気にならないなら、あえて更につるつるになるために剃ったりしない方がいいと思います。
なぜなら、顔に産毛が生えているのは必要だから生えているのです。ちゃんと意味があるのですね。
頭に毛があるように(ない人もいますが)、直射日光から脳を守ってくれますよね。

 

顔の産毛も同じように、紫外線を反射してくれますし、毛穴から過剰に水分が蒸発するのを防いでくれますので、乾燥肌になったり、敏感肌になりにくいといいます。
紫外線を浴びると、肌の細胞はいくらかダメージを受けます。

 

もちろんまったく浴びないのも問題で、その場合ビタミンDを生成できませんが、今では多くの紫外線が空から降り注いでいますから、それから守ってくれる意味はあります。

 

つまり、メラニン生成、シワ、シミなど老化を防いでくれます。その代わりにメイクをしたらいいと思う人もいるでしょう。

 

もちろん今の化粧品には紫外線吸収剤なんて入っているものは少なくて反射させるものがほとんどです。
でも、産毛を剃ると、メラニン生成、シワ、シミのもとになるだけでなく、肌表面を傷つけてしまいます。

 

毛抜きで抜いたりしたら、毛穴が開いてしまって、そこから脂がひっきりなしに分泌され、顔はピカピカになるでしょう。
そこで気になるのが、産毛を残す、剃らないほうがいいとしたら、その毛はどうなっていくのか、かと思います。
産毛ももちろん毛ですから、伸びてきます。

 

しかし、産毛は2〜3か月に1度のペースで抜け落ちて生え変わり、その際に毛穴の中の余計な老廃物も一緒に落としてくれます。
美肌で有名な韓国の女性も顔の産毛を剃る人は少ないみたいですよ。

 

特に、肌が弱い人、敏感肌の人はアトピーにまでなる人もいますから気を付けてくださいね。
長期的に考えて、アンチエイジングにも役立つ顔の産毛があるという意味を理解できましたか?なんだか愛おしくなってきませんか?

 

自分の肌質を考えて、処理方法なども見つめ直してみてはいかがでしょうか。
今では肌に物理的に刺激を与えない、女性ホルモンを与えて薄くするクリームなどもありますので、ネットで色々検索して吟味してみてくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?